現代音楽×江戸がテーマのクリエイショングループ「淡座(あわいざ)」の公式ウェブサイト - 淡座についてのページです。

目的
主なプロジェクト
主な年間スケジュール
沿革
概要


目的

 「淡座(あわいざ)」は、現代音楽、クラシック音楽、日本の芸術文化を行き来し、文化の古今と東西をつなぐための創作、演奏、表現活動を行う、作曲家と演奏家によるクリエイショングループです。洋の東西もない人間の本質や普遍性について思考し、音楽を通して多くの人びとにこの世の物事について問いかけ、新しい気づきをもたらす表現を追求しようと結成されました。
 私たちは、数ある日本の文化のなかでも、とりわけ、江戸文化から学ぼうとしています。江戸時代の人びとは遊び心が旺盛で、だれかをあっと言わせたいという粋の精神からものづくりがなされていました。また、江戸では火事が非常に多かったため、後に残るものだけではなく「形のないもの」を大切にしていました。このような江戸文化独自の発想のもと、「形のないもの、目に見えないもの」、つまり、言葉、文化、哲学、思想など、ひとの生活を豊かにするものの在り方を模索し、作品や演奏として発信することを目的としています。
 「形のないもの、夢と現実のはざま、間(あわい)をえがく」という意味で、このグループを「淡座」と名付けました。「淡」という字には、江戸の象徴である「火」がふくまれています。

TWS写真
写真提供: トーキョーアーツアンドスペース

主なプロジェクト

♦︎本公演
 淡座の活動の核となる「江戸×現代音楽」がテーマの公演。江戸の芸能の第一人者に特別出演をお願いし、協働で現代音楽とのコラボレーションの公演をつくりあげています。
 これまで、2011年旗揚げ公演「噺×現代音楽」、2018年第二回公演第一夜『落語×現代音楽』で落語家の古今亭志ん輔師匠に、第二回公演第二夜『端唄×現代音楽』で三味線演奏家の本條秀太郎先生と作品を発表しています。2019年度の本公演は12月に予定しています。 

♦︎リサイタルシリーズ公演
 淡座メンバーそれぞれが個々の思想を表現するための場として立ち上げる、2019年度より始まる新しいプロジェクト。シリーズ第1弾として、作曲家桑原ゆうが2019年7月19日に個展を行います。

♦︎季節のイベント
 江戸文化に合わせた季節のイベント。トークや歓談の時間を交えながら演奏をお楽しみいただきます。1月に「事始め」、5月に「川開き」を予定しています。2019年「淡座事始め」は1月17日に行います。


主な年間スケジュール

5月 ----------- 淡座川開き
7月 ----------- リサイタルシリーズ公演
10〜12月 --- 本公演
翌年1月 ----- 淡座事始め

旗揚げ公演写真

沿革

♦︎2010年
 作曲家と演奏家のクリエイショングループとして「淡座」を結成。
♦︎2011年11月
 落語家の古今亭志ん輔氏をゲストに、旗揚げ公演「噺×現代音楽」東京公演 (於 紀尾井小ホール)、宇都宮公演 (於 be off) を開催。(助成: 財団法人アサヒビール芸術文化財団)
♦︎2012年3月〜2015年11月
 古今亭志ん輔氏による「真景累ヶ淵」全段公演の音楽をつとめ、スタジオイワト主催公演、志ん輔の会等に連続出演。
♦︎2014年11月
 トーキョーアーツアンドスペース(旧トーキョーワンダーサイト)主催、トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバル vol.9 TEFパフォーマンスに、推薦プログラムとして参加。古今亭志ん輔氏をゲストに、淡座「江戸幻想夢見噺」(於 両国門天ホール) を開催。
♦︎2016年4月
 NHKサービスセンターより「古今亭志ん輔による三遊亭圓朝作『真景累ヶ淵』~全段連続口演完全収録~ CD-BOX」発売開始。
♦︎2018年5月
 一般社団法人淡座として活動を始める。
♦︎2018年10・11月
 淡座第二回公演「江戸×現代音楽」第一夜『落語×現代音楽』(特別出演: 古今亭志ん輔)、第二夜『端唄×現代音楽』(特別出演: 本條秀太郎) を開催。(於 紀尾井小ホール)


概要

♦︎名称/一般社団法人 淡座
♦︎法人番号/9011005007673
♦︎所在地/東京都目黒区中目黒1丁目1番17-2-210号 マンション第2恵比須苑
♦︎役員
 代表理事/三瀬俊吾
 理事/桑原ゆう、竹本聖子
♦︎事業運営について
 (編集中)